上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅ればせながら、無事、第二子が生まれました。
3月生まれの女の子です。どうぞよろしくお願い致します。

よろしくといっても、私、育児のこととか、あまり話すつもりがない、、
というわけでもないのですが、成長した子供がいずれ見るかもしれない...
と思うと、子供についてのあれこれを大公開することは、
やっぱり、なんとなくためれわれますよね。。

"ママはテンパリスト"とか、我が家でも大好きで愛読しておりますが、
とてもあんなにぶっちゃけられませんし、じゃあどのラインが妥当なのか、
と言われると、よくわからなくなってしまいます。


第二子が生まれた心境としては、無事生まれてくれてよかったという
安堵感がいちばんでしょうか。

妻が妊娠出産と言う立場に身をおいてからというもの、
出産は当たり前ではないという事例を、いくつも見聞きしましたし、
妻は出産を臨死体験と表現していましたが、
やっぱり、今も昔も出産とは命がけの行為なのだと思います。

第一子の時はもう少し色々な心境があったような気がしますが、
基本的には、子供の成長が楽しみだなぁという気楽な心持です。

親の役割を放棄するわけではありませんが、
子供は赤ちゃんの頃から勝手にその子の流儀で育っていく
というのがこれまでの私の子育てにおける率直な印象です。

教えるべきことや、整えるべき環境というものはいろいろあるのでしょうけど、
幸いにして、肩肘張らずに楽しんで、
子供と日々を過ごしてこられた気がしていますし、
これからもそうでありたいなぁと思っております。

Comment

Post Comment


 

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。