上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなりましたが、、なんとか更新。。

散歩するのにとても心地良い季節になりました。
ゴールデンウィーク前までは蚊に悩むこともなく心置きなくのんびりと歩けます。

365日子供の手を繋いでは、周囲に注意を払いつつ路端をのんびり歩き続けていると、他にすることもないので、自然と路傍の草花に目を向けては、あの花の名は...なんてことを思うわけです。

世の母たちは、なぜあんなに路傍の草花に詳しいのだろうかと。
散歩していてあれはなんていう花だよ。なんて子供に話したりするのは
自分にはムリだろうと思っていましたが、

お陰で私もけっこう詳しくなりました。


という訳で今週は春の雑草でもお絵かきしつつ、ご紹介してみようと思います。


ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

WS000102.jpg
群生している様子が踊り子が踊ってるように見えるからとのこと。
私にはそれほど可愛くみえないのですが、
長女はこの花がけっこう好きで、かわいいかわいいと言って愛でてます。


ホトケノザ(仏の座)

WS000099_20140414172216073.jpg
草花の和名はどれも趣がありますが、これもなかなか渋いです。
春の七草の一つ。パッと見、ヒメオドリコソウに似てますが、
開花の印象はけっこう違います。


オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

WS000106.jpg
早春に真っ先に咲いてくれます。1月の野山は何もかも枯れ果てており、それはそれで趣があるとはいえ、なかなか寂しいものがあります。2月のまだ寒い最中、この青くて小さいお花を野辺で見つけると、けっこう感動します。


とまぁこんな感じで、書いていこうと思っていたのですが、
雑草描くの、けっこう大変で、、、進まない進まない。

こんなことはじめなきゃよかったと半ば後悔しておりますが、、
次回に続きます。


くちびる

Comment

Post Comment


 

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。