上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰りました。くちびるです。

9日間、家を留守にして帰ってみると、
扇風機とPCが起動しなくなっていました。
他に書くこともないので、本日はその顛末をお届けします。
自分へのメモみたいなものです。

PCが起動しなくなった場合のFAQはネットでちゃんとしたところがいくらでも見つかると思うので、本気でお困りの方は他をご参照ください。

私は ”PC 起動しない Bios ビープ音” あたりでいろいろ探しました。

旅先から戻るとPCの具合が悪いということは、
実はこれまで何度か経験があります。原因はよくわかりません。
今回は、落雷説が有力かなと思ってますが、
留守中に何かあったのか。。それとも長いこと起動しないとおかしくなるのか。。まぁ真相は不明です。

扇風機の方は、充電池を入れ替えてみたり、
コードのプラグイン部分をいじったりしていたら起動しました。

PCは2009年購入のDell Studio XPS。
今年で、5年目に突入。この箱をあと5年使うのであれば、
メモリ増設したいと思ってるんですが、、どうだろう。もつかな。。
最近の、Dellの同価格帯の構成を見てみたものの、
それほど変わってないように見受けられる。
メモリ増設するなら、少なくとも12Gくらいは積みたいのですが、
4G二枚買うと大体1万前後か、、悩ましい。。

話が逸れました。。それで、PCの電源を入れてみると、
いわゆるビープ音と言われる警告音が鳴り響き、全く起動しない。
OSどころかBiosも立ち上がらない。

(後日知りましたが、このビープ音には意味があり、ネットで参照できました。

参照 サイト様 パソコンの電源を入れるとビープ音が鳴る(MB-Support)

確か 「ピーーピピピ。ピーピピピ。」だったので、たぶんドンピシャでしたね。。)

そうとは知らず、まずここでやるべきは、Biosの初期化(cmosクリア)かなと思い、、周辺機器を取り除き箱を開ける。ついでに箱内部の塵芥を除去。中を見る限り、まだまだ活躍してくれそうではある。

Biosを初期化し、立ち上げて見たが症状の改善は見られず、起動しない。
モニター(一台)以外の全ての周辺機器は外してあります。
となるとあとの可能性としては、ハードウェアの不具合である。
ちょっとやばいなと思う。

とりあえず、メモリから外してみる。
6スロット中、二枚のメモリを抜いて電源を入れてみる。
すると起動!いきなりビンゴ!と喜び勇んで、全ての周辺機器を戻して、
電源を入れてみると、また同様の症状。。

また全ての周辺機器を外して電源を入れてみたけど、起動しなかった。
そこで、抜いたメモリを一枚戻してみました。すると起動!何なんだこれは。。
メモリを抜き差しすると、何かがリセットされるのでしょうか。

今度は慎重に周辺機器を戻します。
モニターは2台使用しており、周辺機器の中ではサブモニターが一番怪しい。
モニターとPCを繋ぐコードの新品を持ってたので、とりあえず交換。
すると再起動できました。

この後、抜いてたメモリを戻し、全ての周辺機器を戻して無事起動。

結局交換したコード以外は全て元通り。
解決に至りました。。

古いコードでの起動は未確認です。
これが本当に原因なのか、すこしもやもやしてますが、忘れましょう。


毎回PCで不具合と出会うたびにいろいろと教訓を得ますが、今回は、

・長期の留守の際には、コンセントを抜いて行こう。
・PCのリセットの際に、メモリの抜き差しが有効だった。
・PCが発する警告音(ビープ音)には意味がある。

でした。勉強になりました。

絵の方は今 P-1の絵を描いています。
参戦するかどうか、まだ悩んでいるところですが、とりあえず描いてます。

それではまた~


くちびる

Comment

Post Comment


 

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。